労働金庫の転職と資格

労働金庫求人TOP >> 労働金庫の転職の基礎 >> 労働金庫の転職と資格

労働金庫の転職と資格

労働金庫において、職員の労働環境は非常に良好だと言えます。非営利団体ですからノルマなどが無く、残業も少ないためにストレスが比較的他業種よりも少ないのです。さらに、給料も比較的高いため、離職率が非常に低いのです。かつ、ほとんどの労働金庫は新卒採用しか行っていないため、転職者にとっては非常に狭き門です。

ですから、もしも中途採用など転職者に門戸が開かれるチャンスが訪れたならば、少しでも優位な立場で募集に応じたいものです。そのためには即戦力をPRするべく資格を習得しておくことも重要なPRになるのではないでしょうか。

どのような立場の職員が欠員となり、募集されるかはその時の状況によって異なります。大抵の場合、募集の際には必要資格などは無いとされるのがほとんどです。しかし、金融機関である以上、金融に関する資格を取得しておけば採用に優位に働くことは間違いありません。では、どんな資格を習得しておけばよいのでしょうか。

労働金庫は労働者の生活を守るのが設立の理念ですから、働く人個人の家計に対する専門性も必要となってきます。そんな中で、その能力を証明してくれる資格が「ファイナンシャルプランナー」でしょう。ファイナンシャルプランナーは、お客さんの人生の希望を叶えるためのライフプランを設計してアドバイスする専門家です。保険や税金、資産運用から住宅ローンまで、生活に関わる様々な金融知識を有していることが必要となります。このように、顧客の生活に密着した知識を有していることに証明になるので、ファイナンシャルプランナーの資格は労働金庫でも即戦力があるとみなされて、転職に有利に働くことでしょう。

次に、近年コンプライアンス意識の高まりから現在金融業界で最も注目されているのが「貸金業務取引主任者」です。2004年に施行された改正貸金業法により、貸付を行う金融機関はこの資格を持った職員を一定数常駐させなくてはならないことになりました。労働金庫への転職を考える人だけでなく、金融業界で働く人でキャリアアップを狙っているならば、今やマストといっていい資格です。

その他にも、「銀行業務検定試験」「証券外務員」「宅地建物取引士」「日商簿記検定」「税理士」など、労働金庫へ転職を考える上で持っておくと有利になる資格はたくさんあります。その後のキャリアアップにも役立つことでしょう。金融業界は資格がモノを言う世界だとも言われていますので、いくつかの資格取得を目指すことをオススメします。

労働金庫の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 労働金庫求人ナビ【※安定の労金へ転職成功】 All Rights Reserved.