労働金庫と信用金庫の違い

労働金庫求人TOP >> 労働金庫の転職の基礎 >> 労働金庫と信用金庫の違い

労働金庫と信用金庫の違い

労働金庫と信用金庫は、両者とも取り扱う商品やサービスは銀行とほとんど同じです。業務内容も、利用者からお金を預かる預金、預かったお金を貸し出す融資、振込・振替、小切手や手形による決算などの送金・決済業務のおもに3つです。

両者とも銀行と同じような金融機関ではありますが、銀行が株式会社であるのに対して、労働金庫と信用金庫は、組合員や会員らからの出資を元に運営される協同組織です。利益を上げることが至上命題の銀行に対して、労働金庫と信用金庫は非営利目的の福祉団体と言ってよいでしょう。

労働金庫は働く人のための金融機関です。労働金庫法という法律に基づいて運営されており、労働組合や生協の会員になっている人たちが対象です。ただ、労働金庫のある地域に住んでいる人であれば、原則的に誰でも預金や融資などが受けられます。ただ、労働組合の組合員や生協の会員、もしくは会員と生計を同一にする家族でない場合、出資するか友の会に加入するかして個人会員になることが求められます。

信用金庫は、地域の人や中小企業が中心的な取引相手です。こちらも信用金庫法という法律に基づいて運営されており、預金と貸し出しの一部は会員でなくても誰でも利用できます。信用金庫の会員になれるのは、個人なら営業エリア内に住んでいる人、事業所であれば、営業エリア内にある従業員300人以下か資本金9億円以下の中小企業に限られています。地域の発展のために貢献することが基本的な理念なので、利用者はエリアによって限定されています。会員でなくても一部の融資を受けられますが、信用金庫の恩恵を十分に被るには出資して会員になった方がよいでしょう。5千円もしくは1万円の出資で会員になれます。

ちなみに、信用組合も協同組織の非営利法人であり、信用金庫とよく似ています。ただ、組合員の資格として、営業エリア内の個人、もしくは従業員300人以下か資本金3億円以下の事業所となっており、預金と貸し出しも原則会員のみが対象となっています。信用金庫より小規模でさらに地域性を強めた金融機関です。

労働金庫と信用金庫は、銀行と違って営利目的の団体ではなく、利用者の利益を一番に考えているので、ローンの金利が低めに設定されているという特徴があります。また、ATMが無料で利用できます。ただ、両者とも、利用している間は最初に出した出資金が戻ってきません。脱退する時に返還手続きを行えば返ってきますが、利用中に倒産したような場合は一切返還されないというリスクがあることも知っておきましょう。

労働金庫の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 労働金庫求人ナビ【※安定の労金へ転職成功】 All Rights Reserved.