住宅ローンに関わる労働金庫の求人

労働金庫求人TOP >> 条件別の労働金庫の求人 >> 住宅ローンに関わる

住宅ローンに関わる労働金庫の求人

労働金庫からの求人で、住宅ローンに関わる担務といったピンポイントでの募集はあまり見られません。想定できる状況としては、それまでそういった業務に関わっていた職員が何らかの理由で離職して欠員が出て、急遽そのような業務が出来る人間を求めている、といったものでしょうか。

住宅ローンに関わる求人に応募するならば、当然それ相応の経験が求められます。前職で、そういった仕事に関わる業務に就いていたのならば、その経験をPRすることが応募に関して重要です。

住宅ローンに関わる業務に就いていたのならば、それに役立つ資格を取得している可能性が高いです。逆に、そういった業務に対して未経験でも、住宅ローンを取り扱うにふさわしい資格を有していることが、労働金庫のそういったポストへの求人に応募する際で有利なアドバンテージになると考えられるでしょう。では、住宅ローンに関する仕事をする上で役立つ資格とはなんなのでしょうか。

一つには、貸金業務取扱主任者の資格が役に立ちます。住宅ローンなど貸金を扱う金融機関ならば、この資格を持った職員を規模により一定人数配していなければいけないからです。そういった資格をもった職員から欠員がでた場合には同一の資格を持った職員を求人しなくてはならないので、貸金業務取扱主任者の資格を持っていると住宅ローンに関わる求人に応えられる可能性が大いに出てくるのです。労働金庫において、住宅ローンに関わる仕事に就きたいのならば、貸金業務取扱主任者の資格は必携の資格だと考えられます。

もう一つにはファイナンシャルプランナーの資格を持っていると、労働金庫において住宅ローンに関わる業務に就きやすくなります。ファイナンシャルプランナーは顧客の希望を、その経済状況に合わせてプランニングする専門職であり、人生のプランニングには住宅ローンというのは重要な要件となるわけですから、住宅ローンを扱う仕事をしている人にはファイナンシャルプランナーの資格を持っていて欲しいと思うものです。

その他にも、宅地建物取扱士の資格を持っていると、広く住宅の売買に関している知識を持ち合わせている人物と見込まれ、住宅ローンに関わる業務につける可能性が高くなります。

この様な資格を持っていれば、必ず住宅ローンに関わる仕事に就けるとは限りません。しかし、労働金庫からの数少ない求人を確実にゲットした後に、こういった資格や経験は、住宅ローンに関わる仕事に就ける可能性を大いに高めてくれるでしょう。

もちろん、就職の際にそういった資格を所持しているとPRすることも非常に重要です。

労働金庫の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 労働金庫求人ナビ【※安定の労金へ転職成功】 All Rights Reserved.