残業が少ない労働金庫の求人

労働金庫求人TOP >> 条件別の労働金庫の求人 >> 残業が少ない

残業が少ない労働金庫の求人

残業が少ない職場からの求人を求めているのならば、労働金庫というのは最良の選択肢だと言えます。昨今の労働者の労働環境の悪化が叫ばれているなかで、残業時間の少なさという点においては、労働金庫の右に出る職場は無いのかもしれません。

残業時間が超過しすぎて、身体がそれについていけず、突如として倒れて帰らぬ人となってしまう「過労死」。労働時間が多く、さらにはそれに対応する業務の厳しさに精神を病んでしまい「自殺」に追い込まれてしまう。近年、日本ではそういった事件のニュースをよく耳にします。戦後のモーレツ社員の系譜を継いでいるのか、現代社会では残業して当たり前、身を粉にして働くのが当たり前、といった風潮が蔓延していました。

しかし、そういった労働環境のアンチテーゼとして存在しているのが労働金庫なのかもしれません。そもそも、労働者の生活を守るためという理念を持って設立されたのが労働金庫ですから、その職場自体の労働環境も労働者の生活を第一に考えています。

元々、営利を求めず会員へのサービスを業務の主とする組織ですから、ノルマといったものが無く、いたずらに業務を拡大する必要がありません。ですから、無理な残業をして業務を膨らませていくということが無いのです。定時出社、定時退勤は当然で、月の残業が1時間といった状況も頻繁にあります。そんな職場環境である上に、週一回のノー残業デーが設定されている場合もあり、まるで残業撲滅のために業務を行っているという風に受け止められる場合もあります。

労働者の生活を守るという理念からは当然のことかもしれませんが、そこで働く職員の生活を守ることも重要です。職員の生活を守れなくして、会員の生活も守れない、といったところでしょうか。現代社会でまれに見る優良な職場環境と言って良いのかもしれません。

モーレツ社員がもてはやされたかつての日本では、そのような職場は疎んじられていたのかもしれません。しかし、時代は労働時間の削減、労働環境の改善と、労働者に対して優しいことがトレンドとなってきています。そんな社会において残業時間が少ない労働金庫の求人は、今後さらに求められて然るべきでしょう。

労働金庫の求人は、即ち残業が少ない求人だと考えてもいいでしょう。現在、一般企業の労働環境が過酷であるとして見直しが叫ばれています。一つのモデルケースとして、労働金庫のような労働環境が注目されてきています。

労働金庫の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 労働金庫求人ナビ【※安定の労金へ転職成功】 All Rights Reserved.